バルトレックスについて説明する女性と服用する女性
バルトレックスの服用タイミングを見極める > バルトレックスとうつの関連性

バルトレックスとうつの関連性

バルトレックスは、単純ヘルペス(口唇ヘルペス、性器ヘルペス)や帯状疱疹などウィルスが原因でおこる感染症に、抗ウィルス作用があって再発抑制にも効果が認められています。
単純ヘルペス(口唇ヘルペス、性器ヘルペス)は性病の一種で、身体に入ると神経細胞に潜入します。
一度感染するとウィルスを完全に撃退することはできずに、再発の危険は伴います。
しかしバルトレックスはヘルペスウィルスの増殖するためのDNAの複製を阻害して、増殖を防ぎます。
そのためヘルペスにはなるべく早い段階でバルトレックスを使用すると、早い効果が期待できます。

しかし長引いて腫れや痛みなどの皮膚症状がやっと治まっても、神経痛が残ってしまう場合があります。
とくに高齢者や糖尿病など血管の弱くなっている人に多くおこります。
加齢は血管がボロボロになって血管の弾力を失い、神経痛の激しい痛みとともに免疫力を低下させます。

うつ病に悩まされる女性さらにうつ病もたくさんの医薬品の服用をともないますので、血管が弱くなって免疫力が低下します。
このように免疫力が落ちてしまうと再発の確率が上がってしまうため、ヘルペス対策にバルトレックスを準備しておく必要があります。
とくに老人性うつ病の中には脳がウィルスで侵されて神経過敏でおきるケースもあり、このような時バルトレックスのような抗ウィルス薬が効力を発揮するということが認められています。
バルトレックスは神経内で作用するタイプの治療薬のため、ウィルスで神経を侵食されているうつ病に高い効果があります。
ヘルペスウィルスとうつ病の因果関係は現在でははっきりと解明されていませんが、いずれバルトレックスが精神疾患の治療薬として使用されることがあるかもしれません。

おすすめ記事