バルトレックスについて説明する女性と服用する女性
バルトレックスの服用タイミングを見極める > バルトレックスとフロモックスで歯茎の腫れの治療も

バルトレックスとフロモックスで歯茎の腫れの治療も

抗ウイルス剤であるバルトレックスは主成分がバラシクロビル塩酸塩で、単純ヘルペスウイルスや水痘、帯状疱疹に効果が期待できる薬です。
ウイルスが増殖する際に行うDNAの複製を防ぐ働きがあるため、発症を感じたらすぐに服用することが効果的で、ウイルスの増殖による悪化を防ぎ、早期に症状を抑えることが期待できます。
再発する可能性がある性器ヘルペスの抑制にも利用できて、性器ヘルペスの症状がみえなくなっても必要な期間飲み続けることで、再発しにくくなります。
ヘルペスウイルスは、完全に体からいなくならずに潜伏してしまうウイルスであるため、抑制した場合でも免疫力が低下してくると増殖してしまう可能性は考えられます。

薬とコップに入った水フロモックスは細菌に効果が期待できる薬で、主成分がセフカペンピボキシル塩酸塩水和物となっています。
細菌の細胞壁を破壊することができるため、死滅させ症状の改善を目指すことができます。
人の細胞には作用しないことが分かっているため、安心して利用が可能です。

ヘルペスウイルスの治療を行っている際に歯茎の腫れが出て、細菌の影響によるものだった場合、バルトレックスとフロモックスを併用することは可能です。
クリニックにおいてもウイルスと細菌の治療を同時に行う必要がある場合、一緒に処方されることがあります。
相互作用がないため、同時に服用しても悪い影響が出ることが少ない薬です。
どちらも医師の指導のもと処方された薬を飲みきることが大切で、途中でやめてしまうと再び増殖して悪化する可能性もありますし、薬に対する耐性がついてしまい別な主成分の抗生剤を用いる必要性が出てきてしまいます。

薬それぞれでは、稀に副作用が出てしまう人もいるので、服用後に頭痛や下痢、嘔吐などから発疹などがあった場合、医師に相談したほうが良いです。

おすすめ記事